スパイファミリーの見どころや注目シーンは?【アニメSPY×FAMILY】

エンタメ

「人はみな 誰にも見せぬ自分を 持っている――」

春から秋にかけて2クールでの放送となった人気アニメ『スパイファミリー』。
凄腕スパイの父ロイド、殺し屋の母ヨル、心の声が聞こえる超能力者の娘アーニャがお互いの事情を隠して家族になるほのぼのコメディです。

©遠藤達哉/集英社・SPY×FAMILY製作委員会より

『SPY×FAMILY』あらすじ

世界各国が水面下で熾烈な情報戦を繰り広げていた時代。東国オスタニアと西国ウェスタリスは、十数年間にわたる冷戦状態にあった。
西国の情報局対東課〈WISEワイズ〉所属である凄腕スパイの〈黄昏(たそがれ)〉は、東西平和を脅かす危険人物、東国の国家統一党総裁ドノバン・デズモンドの動向を探るため、ある極秘任務を課せられる。

その名も、オペレーション〈梟ストリクス〉
内容は、“一週間以内に家族を作り、デズモンドの息子が通う名門校の懇親会に潜入せよ”

〈黄昏〉は、精神科医ロイド・フォージャーに扮し、家族を作ることに。
だが、彼が出会った娘・アーニャは心を読むことができる超能力者、妻・ヨルは殺し屋だった!
3人の利害が一致したことで、お互いの正体を隠しながら共に暮らすこととなる。

ハプニング連続の仮初めの家族に、世界の平和は託された――。

『SPY×FAMILY』のみどころ

なんといってもアーニャの可愛さ。独特の言葉遣いやおバカなのに打算的なところに惹かれる方も多いのではないでしょうか?
そんな『SPY×FAMILY』のおすすめシーンをご紹介します。

MISSION:1 オペレーション〈梟ストリクス〉

©遠藤達哉/集英社・SPY×FAMILY製作委員会より

ロイドがWISEからミッションを受け、孤児院でアーニャと出会う。心が読めるアーニャはロイドがスパイであることを知り、どうにか引き取ってもらえるようアピールします。
自身を6歳と名乗るシーンがありますが、ロイドの心を読んで言っているだけで、実際には不明です。
無事ロイドに引き取られたアーニャは、ロイドの留守中に敵勢力に誘拐されてしまいます。
ほんのりロイドの過去の伏線がありますが、これは原作の漫画では10巻で明かされます。
1話からアーニャの期待する”スパイ”らしい派手なアクションでスタートです!

MISSION:2 妻役を確保せよ

©遠藤達哉/集英社・SPY×FAMILY製作委員会より

ヨルとの出会いの回。入学試験の面談で親子3人での面談が必要だと知ったロイドは妻役を探し始めます。一方ヨルも独身女性がスパイ容疑で捕まったニュースをきっかけに、結婚を焦り始め…。そんな時に偶然仕立て屋で出会ったロイドとヨルは利害の一致からパートナーを演じることに。
アーニャのわざとらしい振舞いがなんともかわいらしい!
最後は例のごとく敵勢力とのバトルに巻き込まれ、スパイと殺し屋の愉快な共闘バトルは必見です!

MISSION:7 標的ターゲットの次男

入学初日からダミアン・デズモンドを殴ったことでトニトをもらったアーニャは、ダミアンに謝ることに。
号泣するアーニャは原作でも1ページ使われていますが、アニメ版でも作画に気合が入っています。ここでダミアンは初めてアーニャへのトキメキを自覚します。
ストーリーのメインであるオペレーション〈ストリクス〉よりも、ある意味で一番の見どころだったのではないでしょうか?
アーニャとダミアンに仲直りをさせるために、必死に圧をおくるロイドも見ものです。

MISSION:9 ラブラブを見せつけよ

©遠藤達哉/集英社・SPY×FAMILY製作委員会より

ヨルの弟・ユーリに愛を疑われているフォージャー夫妻は、愛し合っていることを証明することに。仲の良い夫婦を演じようとしますが…。
8話から9話にかけての対秘密警察偽装作戦ですが、本物の夫婦ならキスできるはず、と指摘され、ロイドは怪しまれないよう実行に移そうとしたところ、ヨルはパニックでお酒をがぶ飲みしてしまいます。
泥酔状態のブライア姉弟のやり取りは、まるでコントのようですね笑

MISSION:15 新しい家族

©遠藤達哉/集英社・SPY×FAMILY製作委員会より

13話から15話にかけてのテロ事件。未来を予知する犬と出会ったアーニャは、犬を追ううちにテロリストのアジトへ迷い込んでしまいます。
犬からロイドの死の予知を読み取ったアーニャは、ロイドの死を回避するため奔走します。
テロの主犯格を追うロイド、テロ犯たちと戦うヨルと、それぞれが別々に活躍していて、珍しくハラハラする回でした。
管理官ハンドラーの過去が垣間見える貴重な瞬間もお見逃しなく。

MISSION:18 家庭教師の叔父/〈東雲しののめ〉

心が読めるアーニャは、中間試験で能力をカンニングに使おうとしていたが…。
この回で、アーニャは「新月の日は能力が使えなくなる」という設定が明らかになります。超能力も万能ではなかったんですね。
赤点&トニト回避のため、ユーリに家庭教師をお願いし、猛勉強します。
アーニャの退学が不安なロイドは、学校のテスト答案保管室への侵入することに…。

MISSION:21〈夜帷とばり〉/はじめての嫉妬

©遠藤達哉/集英社・SPY×FAMILY製作委員会より

ロイドと同じ病院で働く事務員・フィオナの正体は〈WISEワイズ〉の女性諜報員〈夜帷とばり〉。オペレーション〈ストリクス〉が思うように進んでいないことから、「フォージャー婦人」の役割を自分と交代することを提案するが…。
クールな見た目とは反対にロイドへの激しい恋心がとても愉快なキャラです。フィオナとロイドの過去がチラッと見えますが、詳しい過去はまだ明かされていません。いつか出会いや好きになったきっかけなども出てくるのでしょうか?

MISSION:25 接敵作戦ファーストコンタクト

©遠藤達哉/集英社・SPY×FAMILY製作委員会より

大物ぞろいと言われる半期に一度に行われるイーデン校の懇親会。東国の国家統一党総裁ドノバン・デズモンドも参加する貴重なチャンスだが、強固なセキュリティを突破することは不可能と判断したロイドはダミアンを利用し、接触を図ることに。
ここで初めてドノバン・デズモンドとロイドが接触します。デズモンド家の殺伐とした環境や関係性もうっすら見えてくるシーン。
そんな中、和やかな会話で相手を探るロイドもすごい度胸ですね、さすが凄腕スパイ…!
着々とアーニャへの好感度が上がっていくダミアンにも注目です!今後の関係の変化にも期待ですね。

『SPY×FAMILY』2期は?

『SPY×FAMILY』2期は2023年に放送が決定しています。また、同年に劇場版の制作もするとのこと。
劇場版は原作者の遠藤達哉さんが監修・キャラクター原案を担当するということで期待も大きいですね!!

今回アニメでは、原作7巻「MISSION:38」で東国の国家統一党総裁ドノバン・デズモンドと初めて接触するところで終了しています。
2023年1月現在では、マンガは10巻までしか発売されていないため、2期は1クールではないかと予想します。

『SPY×FAMILY』はストーリー自体の進みが緩やかですが、2期も原作通りに進めば、ヨルが所属する殺し屋の組織〈ガーデン〉についてや、ロイドの過去も出てくるでしょう。
いずれにせよ劇場版、アニメ2期ともに期待が高いですね!

アニメの続きが気になる方は原作7巻から読めますよ♪

タイトルとURLをコピーしました